コラーゲンを見ていたら気分が悪くなってきた

年齢を重ねることに、肌の細胞も徐々に皮膚内のエラスチンやコラーゲンの量が減り、ハリや弾性力が失われます。肌のハリや弾力性が失われると、衰えた肌は重力に負けて、下へ下へ垂れ下がってたるんでいきます。実は肌のハリや弾力を支えているのは、肌の真皮層のエラスチンやコラーゲン。コラーゲンの繊維が複雑に絡み合って、肌の表面と肌下の脂肪を支えているのです。つまりたるみは、加齢と共に肌のコラーゲンが減ることによって起こるのです。もうひとつの原因は顔の筋肉の衰えがあげられます。顔にはたくさんの筋肉があり、その筋肉は皮膚の土台となっています。この土台が衰えれば、皮膚を支える力は弱くなり、肌がたるんでしまうのです。太陽の光に含まれる紫外線を浴びると、肌の表皮にあるメラノサイト(色素細胞)が活性化して、メラニンという色素が作られます。このメラニンは紫外線から肌を守る働きがあるのですが、増えすぎると肌に沈着して残ってしまうのです。これが私たちを悩ませる「シミ」の正体。紫外線の他にも傷跡やニキビのあとからシミになることもあります。また、肌の細胞が老化やホルモンバランスの崩れ、生活習慣や食生活の崩れやストレスなどが原因で、肌の新陳代謝が衰えると、肌の新陳代謝と共に肌の外にメラニンを排出する力が弱くなりさらにメラニンを沈着させることになります。また紫外線は、肌にシミやそばかすを作るだけではありません。お肌の老化原因の約80%は日焼けによるものであるということも分かっており、 紫外線は皮膚のコラーゲン質を破壊し、肌の老化現象を促進させる働きがあります。 まず、はじめにしなくてはいけないのが、「紫外線対策」です。いくら、お肌をケアしても紫外線を浴びてしまうとメラニンが生成されてしまうので、 ケアの効果がなくなってしまうこともあります。うっかり紫外線を浴びてしまったら、美白効果の高い化粧品でケアをしましょう。その中に含まれる美白剤はメラニンの色素の 生成を抑える効果がありますので、できるだけ早く使い始めることをお勧めします。できてしまったシミは美白効果のある化粧品でスキンケアしたり、 食事でビタミンCを摂取することでうすくしていくことができます。なるべく過剰なストレスを避け、睡眠時間をしっかりとり規則正しい生活を心がけましょう。また洗顔に、角質除去作用のあるフルーツ酸やグリコール酸入りの洗顔料を使うと効果的です。外出時する時には、紫外線をカットするファンデーションや日焼け止めを使用するなどして、 紫外線からお肌を守るように気をつけましょうおすすめの杏仁オイルの通販はこちら

Recommended Reading